即日融資で安心の無利息、消費者金融のプロミス

カードローンの返済はしっかり行なう

カードローンも借金であるため返済は必ず行なわなくてはいけません。そのための計画をしっかり立てることは非常に重要で、ほとんどの方はそのようにされているかと思います。しかし、さまざまなケースで返済が遅れるということは往々にしてあります。時間が取れなくてATMまで行けなかった、返済方法を特定の口座からの自動引落としに設定していた場合でも残高不足などで未払いや延滞といった状況になることも少なくありません。
返済日を過ぎると数日以内に不払いに関する通知が電話やハガキなどで届きます。通知が来たらすぐに返済しましょう。延滞中はお金を引き出すことが出来なくなり、厳しいときは1日の延滞で3ヶ月間利用停止されてしまうこともあります。また、長々と放置しておくと事故情報として記録され、さらには融資の減額、強制解約されてしまうこともあるのです。
自動引落としを利用しているなら、こまめに残高をチェックすれば残高不足を防ぐことができるでしょう。今ではインターネットバンキングも普及しているので、パソコンやスマートフォンからでも口座の確認や振り込みができます。最低でも月に一回確認する癖をつけておけば、未払い状態になることはないはずです。
返済が遅れることを事前に把握している場合は、すぐに担当者にその旨を連絡する必要があります。自分から返済が遅れることを伝えるのは勇気がいることですが、黙って延滞するのとあらかじめ事情を話しておくのとでは金融会社からもたれる印象が大分違います。もちろん同じ事が何度も起こってしまうと印象は悪くなっていくので、カードローン比較して借りたお金は遅れずに返済するのが基本です。

カードローンの金利計算は簡単?

金利計算と聞くと、どうも難しいことのように感じてしまいますが、実は簡単に利息の計算できる公式がありますので、こちらをぜひご利用ください。
「金利計算公式」
借入残高×金利÷365×借入期間=利息
上記の式に当てはめるだけで簡単に計算ができてしまいます。
たとえば、現在借りている金額が10万円で、借りている会社の金利は18.0%、現在借りて3ヶ月(90日)とします。
すると、「100、000×0.18÷365×90」となり、答えは「4438.3……」となります。小数点が続きますが、通常小数点以下は切り捨てとなりますので、このときの利息は「4、438円」になります。
もしもこの月に54、438円を返済したとしますと、その次の月は「50、000×0.18÷365×120」となりますので、利息は「2、958円」になります。
このように返済が完了するまでは、くり返し利息と共に返済をおこなっていきます。
ですから、フリーローン利息は借りている期間が長ければ長いほどにかけられる日数が増え、利息総額もかさみますので、できる限り早めの返済を心がけることが、重要になってきます。
ただし、だからといって返済も借り入れと同じで自身の現状を省みないで計画を立ててしまうと、自身の首を絞める結果になってしまわないとも限りません。
たとえば、返済以外の支出を考えていなかったために生活が行き届かなくなるなんてこともあり得ますので、お気をつけください。

即日融資で安心の無利息、消費者金融のプロミス

消費者金融のプロミス、安心できる借り入れ先として人気があります。
今日明日には借り入れをしておかなければならないとなったときに即日融資の宣伝文句は心強い味方です。
即日融資の方法がいくつもあるのは消費者金融としては当然のことでしょう。
そこに無利息期間がついているとしたらどうでしょうか。
金利は上限が17.8%となっておりますが一般的な消費者金融と変わりありません。
サービス内容として用意されている会員ページの項目も標準的なものとなっています。
ところがプロミスには無利息期間があります。
初回利用の30日間という限定期間ではありますが、この期間は有効に使うことができます。
借りる金額はいくらでしょうか。
その金額は何回で返済ができる金額でしょうか。
一回の返済で借り入れ金額のすべてが完済できるのであれば30日間の無利息は最大限使い切ることができます。
通常であれば17.8%かかる金利が0%になっている期間です。
一回での完済ではなくても数回程度で支払いが終わるときにも活用できます。
初回の返済額を大きく用意することによって借入残高を格段に減らすことができます。
利息は金利だけによって決まるものではなく、借入残高と借入期間によって決まりますので借入残高を減らせば利息を抑えることができます。
消費者金融プロミスの最大の特徴は無利息期間です。
返済回数を少なく利用を考えているときには、消費者金融の金利が高いとはいえ無利息期間を有効に使ったキャッシングができるでしょう。